baseballlll’s blog

野球(主にMLB、広島東洋カープ)が好きです。釣りや読書など、好きなことをのんびりと書いています。

日本ハム、王柏融選手と契約合意

北海道日本ハムファイターズは7日、前台湾プロ野球ラミゴ・モンキーズ王柏融外野手との契約に合意したと各メディアが伝えています。

 

王選手は25歳、右投げ左打ちの外野手でニックネームは『大王』とのこと。

最大の特徴は何といってもそのニックネームに違わぬ打撃力。

2015年終盤にデビューすると、早速大活躍してチーム優勝に貢献。翌2016年シーズンには打率.414、200安打で首位打者最多安打獲得、いずれも台湾プロ野球記録というおまけつき。しかも、台湾プロ野球はフルシーズンでも120試合しかない中での200安打なのでイチロー選手級の記録です(台湾プロ野球のレベル云々はさておき)。

2017年シーズンは打率.407、33HR、101打点で見事三冠王を獲得。今シーズンは各スタッツは前年に比べ落ちたものの、それでも高い打率・出塁率を記録しました。

デビュー年からのスラッシュラインは以下のとおり。

2015 .324/.377/.640 OPS1.017

2016 .414/.476/.689 OPS1.165

2017 .407/.491/.700 OPS1.192

2018 .351/.446/.547 OPS.993

凄いですね~。そして『大王』のもうひとつ凄いところは、これだけのスラッガーでありながら三振が少ない点にあります。上記4シーズンのK%は18.0%・10.7%・8.5%・11.7%となっており、早打ちの気があるらしいものの、それでもかなり低い数値を残しています。

 

いろいろ動画が上がっていた中から、今シーズンの安打集を。

youtu.be

非常に小さなテイクバックから押し込むようなスイング、きれいに決まるフォロースルーが特徴的ですね。弱点が少なそうで、特にインコースには強そうです。

向こうでも『サヨナラ』って言うんだ・・・(笑)

 

主要な打撃の数値とK%を見ると、数字の上ではエンゼルス大谷翔平選手の大先輩・プホルス選手のちょうど同じ年齢の頃に似ています。引退後はHOF間違いなしのレジェンドであるプホルス選手は『3割・30本・100打点』をメジャーデビューから10年間継続するという偉業を成し遂げていますが、果たして日本で『大王』はどんな成績を残すのか。契約内容は3年総額4億円+出来高と報じられていますが、これが格安だったと言われるような凄まじい打棒を期待したいですね!

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村