baseballlll’s blog

野球(主にMLB、広島東洋カープ)が好きです。釣りや読書など、好きなことをのんびりと書いています。

ヤンキースの二刀流育成 〜 Dermis Garcia

デルミス・ガルシア(1B/3B)※リンク先はBaseball-Reference.com

1998年1月生まれ

2014年インターナショナルFA

ドミニカ共和国出身〜ヤンキース

R/R 6'3" 200lb

MLB公式チーム内ランク29位

ツール評価

Hit: 40 | Power: 55 | Run: 30 | Arm: 60 | Field: 40 | Overall: 45

(2018年10月現在)

 

MLB Pipelineでは、各チームのプロスペクト・オブ・ザ・イヤーを選出しています。

ニューヨーク・ヤンキースでは、野手でデルミス・ガルシア、投手でマイケル・キングを選出しています。

それについてMLB.comのBryan Hoch氏の記事がありました。特にガルシアについては二刀流の可能性について言及しており、気になったので内容を簡単にまとめてみました。(https://www.mlb.com/news/yankees-2018-prospects-of-year-garcia-king/c-297320772)以下引用、意訳を含みます。

 

"昨オフ、ヤンキース大谷翔平を獲得することができなかったが、自分達で二刀流選手の育成を試みている。

 

弱冠20歳、プレイヤーオブザイヤーに選ばれたコーナーインフィールダー(一塁手三塁手)であるガルシアは、その腕力の強さでマウンドにも旋風を起こすことが出来そうだ。

 

ヤンキースマイナーリーグのピッチング・コーディネーター、ダニー・ボレル氏は『ヤンキース・マガジン』誌上で、『彼のファストボールの軌道や身体の使い方は、現役の投手のようだ。』と語っている。"

 

ガルシアは2018シーズンを1Aチャールストンで過ごし、一塁手三塁手としてプレー。88試合で.241/.320/.444、二塁打17、三塁打2、15HR、50打点の成績を残しました。

またブルペンでは、90マイル半ばの速球と多少使えそうなカーブとチェンジアップを見せているようです(まだ登板機会はないようです)。

 

ガルシアは2014年のインターナショナルプロスペクト1位にランクされており、同年7月に契約金300万ドルでヤンキースに入団。なお、2014年当時のポジションはSS、各ツール評価は

Hit: 55 | Power: 65 | Run: 35 | Arm: 60 | Field: 45

となっています(MLB公式)。RunとFieldがこれだけ低いSSというのは少し珍しいと思いますが、やはりコーナーIFにコンバートとなりました。

 

優れたスイングスピードと強さのある打撃が持ち味ですが、今季は324打席/111三振/36四球と、選球眼は並程度、三振の多さは気になるところです。1Aでのこの結果は更に上のクラスの投手に対応出来るか、まだ未知数と言えるでしょう。

 

ガルシアはMLB公式においてヤンキースのチーム内プロスペクトランクで29位となっており、ETAは2021年となっています。

 

MLBでは、野手で複数ポジションを守ることのできるユーティリティプレイヤーが今や各チームのロースターに欠かせない存在となっています。将来は複数ポジション+リリーバーもこなせる新たなユーティリティプレイヤーが標準となっているかもしれませんね。

 

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村